公開日: 2023年9月24日 - 最終更新日:2023年9月24日
別荘フルリノベーション築105年事例 北海道仕様の断熱施工

別荘フルリノベーション築105年事例 北海道仕様の断熱技術

Administrator
  • シェア
  • twitter

こんにちは!

二条城から徒歩約6分の場所で、本日も元気な土屋ホームトピア京都支店です♪

本日は、軽井沢の別荘フルリノベーション事例です!

築105年の別荘リノベーション!夏だけじゃなく冬も楽しめる別荘のフルリノベーション事例

築105年の別荘リノベーション!夏だけじゃなく冬も楽しめる別荘のフルリノベーション事例

別荘だけじゃなく、古い住宅やマンションの方にもご参考になりますのでぜひ最後までご覧ください。

今回ご紹介するのは、軽井沢にある宣教師時代の築105年の歴史的別荘をフルリノベーションした事例です!
リノベーション前の外観のお写真はこちらです。THE・昔の軽井沢の別荘!という感じで趣がありますが、問題が山積み。。

軽井沢にある宣教師時代の築105年の歴史的別荘

軽井沢にある宣教師時代の築105年の歴史的別荘

とにかく寒い・暗い
東京在住のお客様が、明治42年に英国人の女性宣教師によって建てられた住宅を、昭和37年別荘として購入されました。

お客様ご自身も高齢になり、築105年になった別荘は、冬は寒さが厳しく、夏は虫が出るということでお子さんだけでなく、お孫さんも寄り付かない別荘になってしまったそうです。。
せっかく守り抜いてきた歴史的建造物。壊して建替えするか、売却するか悩んだ末、断熱工事が得意なリフォーム会社があると聞いて土屋ホームトピアでフルリノベーションすることを決断したそうです!

別荘の趣のある雰囲気を壊さずに、快適に過ごせる別荘にして欲しいというご希望でした。

軽井沢の古い別荘をリフォーム

軽井沢の別荘リフォーム前

築105年別荘のリフォーム前はベンガラ色の下見板張り(したみいたばり)という外壁ですが、長年の雨風と雪の影響や、軽井沢特有の湿度の高さで変色と変形が目立っています。
室内から壁を見ると隙間だらけ。

夏は涼しく冬は寒い “ 高冷地気候 ” なのに断熱材が無く、隙間があれば冬は極寒で夏は虫が侵入します。お子さんとお孫さんも寄り付かなくなるのは無理もありません。

隙間だらけで寒すぎる別荘でした

隙間だらけで寒すぎる別荘でした

問題は建物の老朽化だけではありませんでした。
建物を支える構造部材の基礎が無く、石で家の土台を支えていました。
歴史を感じますが、このままだと建物の沈下や傾きが生じる可能があり危険と隣り合わせです。

歴史を感じる基礎が無い石の土台

歴史を感じる基礎が無い石の土台

それでは、フルリノベーションスタートです!
断熱&耐震などの性能向上と、歴史を残す現状維持の両極端なご要望をどう両立するかが最大のポイントとなりました。

まず、暖炉・土台・柱・2階の床(1階の天井)を残し、他はほとんど解体しました。

スケルトンにしてフルリノベーション!

スケルトンにしてフルリノベーション!

まずは、安全性の観点から束石や石でできた外基礎の改修を行いました。鉄筋コンクリートで基礎をつくり耐震補強をしました。

鉄筋コンクリートで基礎をつくりました

鉄筋コンクリートで基礎をつくりました

外基礎がしっかりしたところで、最低限の耐震補強。
そして、弊社が得意とする北海道仕様の断熱施工を行いました。断熱材は軽井沢の湿気に負けないカネライトフォームを贅沢に垂直で2重張り。床冷え問題を根本から解決!

床の断熱

床の断熱

壁の断熱は高性能グラスウールを隙間なく入れて、外気の影響をシャットダウン!

壁の断熱は高性能グラスウール

壁の断熱は高性能グラスウール

北海道で培った断熱性能で、冬は暖かく、夏は涼しくなるように断熱工事を行いました。

お客様との楽しい打合せを重ね、活かす所と、リノベーションする箇所や素材を吟味して工事内容を決めていきました。
リフォーム後を見てみましょう!

築105年の別荘をフルリノベ―ションしました!

築105年の別荘をフルリノベ―ションしました!

フルリノベーション後も元の雰囲気を残しながらも、まるで新築のような外観に大変身。
歴史を感じるお客様お気に入りの暖炉は、再現が難しいためそのまま活用しました。

お気に入りの暖炉はリユース

お気に入りの暖炉はリユース

内部はブラックウォールナットのフロアーや、杉の羽目板で雰囲気を維持しました。
特に、リビングダイニングは、天井や石積みの暖炉、照明、家具をそのまま残すことで、当時の雰囲気を再現してます。
また、リビングにあった欄間は廊下の照明として再利用し、収納扉もキッチンパントリー建具として活用しました。

天井・柱以外は新しい木材で落ち着いた空間に

天井・柱以外は新しい木材で落ち着いた空間に

天井は木材、サッシは木製の断熱サッシとすることで全体の統一感を出しながら、全体的に明るくなるように設計しています。

冬も半袖で寝れる寝室

冬も半袖で寝れる寝室

開放感がありながら間接照明で暖かい雰囲気の玄関に生まれ変わりました。

外気から室内を守る玄関へ

外気から室内を守る玄関へ

誰も入りたがらないお風呂は、まるで軽井沢のト○ボの湯の内湯のように素敵なお風呂に大変身いたしました☆

誰も入りたがらないお風呂が大変身!

誰も入りたがらないお風呂が大変身!

軽井沢の別荘の歴史を作ってきた多くの歴史的別荘。その多くが老朽化に伴い。時代の流れと共に姿を消していきました。
今回の別荘フルリノベーション事例では、保存するためだけの修繕、リフォームではなく、一年を通して快適に過ごせる別荘に生まれ変わらせ、歴史とお客様の想いを後世に受け継ぐリノベーションをご提案させていただきました。

~お施主様のフルリノベ―ション後のコメント~
今までは、夏しか過ごせなかった別荘ですが、一年中快適に過ごせる別荘に生まれ変わり、古くて寄り付かなかった孫たちも集まって賑やかになりました。家族みんなで使える別荘として、また、資産としても残せることができてよかったです。

築105年の別荘フルリノベーション事例ページはこちら

京都で別荘のリフォームをお考えの方もぜひ一度当社にお声がけください。
★北海道仕様の断熱技術★

――――――――――――

(株)土屋ホームトピア 京都支店
〒604-8305
京都府京都市中京区大宮通御池上る市之町170番2
https://www.hometopia.jp/branch/kyoto/
075-823-7001
0120-093-033(フリーダイヤル)
営業時間:9時~18時
※定休日:火曜日・水曜日

――――――――――――

  • シェア
  • twitter
お問い合わせ

関連の記事

Copyright© 2018 Tsuchiya Hometopia Co., Ltd. All Rights Reserved.